ケニーGで見る、ジャズ音楽の定義とカテゴライズの真意

Pocket

ケニーGという有名なサキソフォニストがいる。世界中で大ヒットし、日本でも一時期ブレイクしていたので、ご存知の方も多いかもしれない。サックス・インストという性質上、ジャズにカテゴライズされることが多いのだけど、このことがジャズ・ファンの間でしばしば物議をかもされることでも有名である。大学のジャズ哲学の授業で「ケニーGはジャズか否か」と取り上げられるほどだ。

なぜケニーGがジャズとして素直に認められないのか。一番の原因は、彼の音楽がポップス性あるいは商業性を多分に含んでいることにある。平たく言うと、ジャズは難解なものであるべき、というのが批判的なジャズ・ファンの言い分である。確かに、理論的に見てケニーGの音楽は、簡単とは言わないまでも簡潔ではある。英語で「Cheesy (陳腐な)」と表現されるほどありふれた、大衆的な音楽であることは間違いない。

こういった「〇〇(アーティスト)は××(ジャンル)か否か」という論議は、ジャズ以外の分野でも度々あることだ。大抵の人は「ジャンル分けすることに意味はあるのか」と思うのだろうけど、それでは論点がずれる。飽くまで今回は「ジャズか否か」という点に焦点を絞りたい。まず、ケニーGがジャズであるかどうかの前に、「ジャズとは何か」を定義しなければならないと思う。櫻井は「ビバップ(1940年代のジャズ)だけがジャズ」と、かなりオールドスクールな考えを持っているので、この問題は容易にクリアできるのだけど、一般的にジャズとして受け入れられるのは、以下の要素を含んでいる音楽のことだと思われる。

○スウィングビート
○テーマ⇒アドリブソロ⇒テーマという楽曲構成
○テンションコードや転調による曖昧な調性
○管楽器やダブルベースなど、アコースティック楽器によるアンサンブル編成

もちろん、これらの要素含まないジャズ・チューンもあるが、これらの要素をすべて含んでいながらジャズとされない音楽は、恐らくない。反証的ではあるが、以上がジャズというジャンルの定義である。

この定義を元にケニーGの音楽を紐解いてみると、かろうじてテーマ⇒アドリブソロ⇒テーマという楽曲構成ではあるものの、スウィングビートではないし、調性も明快である。ひいては、電子楽器中心のアンサンブル編成により、アコースティック性はほとんどない。ゆえに、音楽的にケニーGはジャズではありえない、といえる。

ミュージシャンならばいざ知らず、大多数の人はこのような音楽知識は持っていないものと思われる。知識のある人が知識のない人のために、ある程度指針を立てるためにジャンル分けをするのは必要なことである。しかし、知識のある者同士、あるいは、ない者同士が論議するトピックとしては、あまり適切でないのでは、と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA