クラーベ

Pocket

キューバ音楽で用いられるリズムの名称、あるいは、そのリズムを奏でる細長い木製の楽器のことを指します。後者は「クラベス」と言えば大体の人がイメージできるのではないでしょうか。クラーベ(Clave) を2本使うので、複数形でクラベス(Claves) 、というわけです。前者は「ソン・クラーベ」と「ルンバ・クラーベ」という、2小節のリズム・パターンがあります。1小節目に3回、2小節目に2回音を出すため、「3-2ソン・クラーベ」「3-2ルンバ・クラーベ」と呼ばれたりします。ソン・クラーベに比べ、3サイド(1小節目)の3番目の音が半拍遅れているものがルンバ・クラーベです。

son

rhumba

このクラーベというリズムは、キューバ音楽の土台になっています。ロックやポップスでは「ワン、トゥ、スリー、フォー」とカウントを取りますが、キューバ音楽ではクラーベがカウント代わりになります。2サイド(2小節目)のフレーズから始まる「2-3ソン・クラーベ」「2-3ルンバ・クラーベ」を土台とした曲もありますが、本場キューバでは、「2-3」という考え方をせず、「クラーベすなわち3-2」であり、2-3クラーベが土台になっているような曲でも、3サイドから曲が始まります

23son

また、3-2ソン・クラーベの2サイドの2番目の音を半拍遅らせたものを、「ボサノバ・クラーベ」と呼ぶことがあります。しかし、ボサノバはブラジル音楽であるため、厳密には楽器のクラベスもリズムのクラーベも用いません。あくまで「こういうのやっとったら、それっぽくなるで」程度の指針であって、ずっとボサノバ・クラーベをやっていると、トム・ジョビンに飛び蹴りされるので注意しましょう。ちなみに、ブラジル音楽では「スルド」と呼ばれる楽器で奏でるリズムが土台になっています。

bossa

さて、ソン・クラーベやルンバ・クラーベの3サイド(2サイド)のサイズを縮めたり広げたりすると、変拍子の曲に用いれます。たとえば、3-2ルンバ・クラーベの2サイドを4分音符ひとつ分縮めると、7拍子になります。このテクニックを「変拍子クラーベ」と言います。

7

5拍子、7拍子、9拍子までは1つのクラーベだけで演奏できますが、それ以上の拍子になると、3-2-3など、1.5倍の形になります。たとえば、11拍子のソン・クラーベは、3-2ソン・クラーベ + 3サイドで、2回目の3サイドの3番目の音が、次の小節の頭拍になります。文字にするとややこしいですが、譜面にすると以下のようになります。

11

ドラマーはこれをベースにドラム・パターンを作ります。7拍子、9拍子、11拍子は比較的簡単ですが、5拍子、13拍子、15拍子は気を抜くと1拍短くなったりするので油断できません。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA