クラーベ

Pocket

キューバ音楽で用いられるリズムの名称、あるいは、そのリズムを奏でる細長い木製の楽器のことを指す。後者は「クラベス」と言えば大体の人がイメージできると思う。クラーベ(Clave) を2本使うので、複数形でクラベス(Claves) 、ということ。前者は譜面にして2小節のリズムパターンで、「ソン・クラーベ」と「ルンバ・クラーベ」がある。1小節目に3回、2小節目に2回音を出すため、「3-2ソン・クラーベ」「3-2ルンバ・クラーベ」と呼ばれたりする。「ソン」と「ルンバ」の違いは、3サイド(1小節目)の3番目の音が、ルンバはソンに比べて半拍後ろで鳴らす。

son

rhumba

このクラーベというリズムがキューバ音楽の土台であり、このリズムの上に音楽が成り立っている。ロックやポップスなんかだと「ワン、トゥ、スリー、フォ」とカウントを取るけれど、キューバ音楽ではクラーベがカウント代わりになる。2サイド(2小節目)のフレーズから始まる「2-3ソン・クラーベ」「2-3ルンバ・クラーベ」を土台とした曲もある。が、本場キューバでは、「2-3」という考え方をせず、「クラーベ=3-2」であり、たとい2-3クラーベが土台になっていても、3サイドから曲が始まる(3サイドの3番目の音からシンコペーションで始まることが多い)。

23son

たまに3-2ソン・クラーベの、2サイドの2番目の音を半拍後ろに鳴らしたものを、「ボサノバ・クラーベ」と呼ばれることがあるけれど、ボサノバはブラジル音楽。そのため、楽器のクラベスも、リズムのクラーベも、どちらも用いられない。飽くまで「こういうのやっとったら、それっぽくなるで」程度の指針であって、ずっとボサノバ・クラーベをやっていると、トム・ジョビンに飛び蹴りされるので注意しよう。ちなみに、ブラジル音楽では「スルド」と呼ばれる楽器で奏でるリズムが土台になっている。

bossa

さて、ここからは応用編。このクラーベの3サイドや2サイドのサイズを、縮めたり広げたりすると、変拍子の曲に用いることができる。たとえば、3-2ルンバ・クラーベの2サイドを4分音符ひとつ分縮めると、7拍子になる。これがいわゆる「変拍子クラーベ」である。

7

5拍子、7拍子、9拍子まではひとつのクラーベだけで演奏できるけれど、それ以上の拍子になると、3-2-3など、1.5倍の形になる。例えば、11拍子のソン・クラーベは、3-2ソン・クラーベ + 3サイドで、2回目の3サイドの3番目の音が、次の小節の頭拍になる。文字にするとややこしいけれど、譜面にすると、こうなる。

11

ドラマーはこれをベースにドラム・パターンを作る。7拍子、9拍子、11拍子は割と簡単だけど、5拍子、13拍子、15拍子は気を抜くと1拍短くなったりするので油断できない。また、こんなくだらないことをやっているのはドラマーくらいなので、実用性は極めて低い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA