ギターは何本必要か

Pocket

まず、ハード・ロック、メタル音楽に対応するために、レスポールが必要です。エフェクターやアンプ・シミュレーターなど、技術の進歩は目覚ましいですが、マホガニー+ハムバッカーの太さとパワーに追従できるギターはそうありません。また、レスポールにはない切れのある音を出すために、テレキャスターも必要です。ファンク、ソウル音楽といったカッティングを多用するジャンルはもちろん、最近流行りのUKバンドや邦楽バンドにもうってつけです。

ライブではストラトキャスターのような幅音作りに長けたギターが必要になります。ボディが軽く、持ち運びしやすい点も見過ごせません。もう少し太めの音色が欲しい場合はポール・リード・スミスも必要です。「ステージでパフォーマンスする」という意味では、フライングVエクスプローラーといった変形ギターが必要になる場合もあるでしょう。ジャズ音楽にはもちろんフルアコが必須です。独特な枯れた音色は、ソリッド・ギターでは味わえません。ブルースやロカビリーといったジャンルでも活躍するでしょう。ライブで歪みを用いるジャンルと兼用するなら、セミアコも持っておく必要があります。コンテンポラリーなジャズには7弦ギターも必要です。

忘れてはならないのがアコースティック・ギターの存在です。スチール弦とナイロン弦、両方のモデルを用意しておかなければなりません。ライブではピック・アップを搭載したエレアコが必要です。その他、自宅練習用のギターも必要ですし、携帯に優れたヘッドレス・ギター12弦ギターダブル・ネック・ギターなども必要です。やや外れたところだと、ウクレレバンジョーマンドリンといった楽器も必要かもしれません。

万が一のトラブルに備え、スペアを用意しなければならないので、ギタリストは最低でも30本はギターが必要です



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA