ギターは何本必要か

Pocket

まず、ハード・ロック、メタル音楽に対応するために、レスポールが必要である。エフェクターやアンプ・シミュレーターなど、技術の進歩は目覚ましいが、マホガニー+ハムバッカーの太さとパワーに追従できるギターはそうない。また、レスポールにはない切れのある音を出すために、テレキャスターも必要だ。ファンク、ソウル音楽といったカッティングを多用するジャンルはもちろん、最近流行りのUKバンドや邦楽バンドにもうってつけである。

ライブではストラトキャスターのような幅音作りに長けたギターが必要になる。ボディが軽く、持ち運びしやすい点も見過ごせない。もう少し太めの音色が欲しい場合はポール・リード・スミスも必要だ。「ステージでパフォーマンスする」という意味では、フライングVやエクスプローラーといった変形ギターが必要になる場合もあるだろう。ジャズ音楽にはもちろんフルアコが必須である。独特な枯れた音色は、ソリッド・ギターでは味わえない。ブルースやロカビリーといったジャンルでも活躍するだろう。ライブで歪みを用いるジャンルと兼用するなら、セミアコも持っておく必要がある。コンテンポラリーなジャズには7弦ギターも必要だろう。

忘れちゃならないのがアコースティック・ギターの存在だ。スチール弦とナイロン弦、両方のモデルを用意しておかなければならない。ライブではピック・アップを搭載したエレアコが必要だ。その他、自宅練習用のギターも必要だし、携帯に優れたヘッドレス・ギター、12弦ギター、ダブル・ネック・ギターなども必要である。やや外れたところだと、ウクレレやバンジョー、マンドリンといった楽器も必要かもしれない。

以上。万が一のトラブルに備え、スペアを用意しなければならないので、ギタリストは最低でも30本はギターが必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA