オタクから学ぶ、趣味の共有化と固有化

Pocket

元々は「電車オタク」など、ある特定の分野において趣味が突出している人物のことを指していたが、現在ではアニメ・漫画・ゲームオタクを指す場合が多い。英語でも’Otaku’ という単語が意味するのは「日本製アニメや漫画などの熱心なファン」と、分野が限定されている。

何を隠そう、櫻井も元々はゲームオタクである。スティックを握るずっと前からゲームボーイを操っていたし、ジャズと出会った書店へも、ゲーム雑誌を立ち読みしに行ってたのがそもそもの発端である。ゲームをしていなければジャズに興味を覚えることはなかった、と言っても過言ではない。たぶん。

今や「日本のオタク文化」と呼称されるほど、オタクは代表的・大衆的・一般的なものになったが、現在のオタクと20年前のオタクは必ずしも同じものではない。たとえば、現在のオタクは「ロボットアニメ好きのAくんと魔女っ娘アニメ好きのBくんが、自分の分野の良い点を理解しない相手を蔑んだり、逆に相手の分野の悪い点を挙げたりして言い争う」といったことが度々ある。
しかし、昔のオタクは「自分の分野をよく知りもしないのに知った風な素振りをする」、いわゆる「ニワカ」に対して怒ることはあっても、自分の趣味を押し付けたり、ましてや、相手の分野をけなしたりすることは稀であった。

そもそもオタクとは、あくまで趣味に没頭することが目的であって、他人に理解されたり共有することは不要だったのである。自分の世界を深く掘り下げるために同じ分野のオタクとコミュニケーションを取ることはあっても、分野の違う相手と言い争うことは無意味なのだ。
ところが、現在のオタクは「自分の趣味を幅広く知ってもらいたい」「誰かの趣味に共感したい」という「趣味の共有化」が進んでいる。近年、女性のオタクが増えているというのも、これに起因しているのでないか。

このような変化は悪いことではないとは思うけれど、長くは続かないだろう。また10年もしないうちに今度は「趣味の固有化」が進む(現在もその傾向はある)。そして、この「固有化」は趣味の世界に留まらず、あらゆる事柄に対し適用される。それが最も安定しているからだ。安定や安心を求めるのは、今も昔も変わっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA