エレキギターとドラムの違い

Pocket

一番の違いは「ダイナミクスの付け方」だと思います。ドラムは叩き方によってダイナミクスをコントロールします。大きく振れば大きな音が出ますし、小さく振れば小さい音が出ます。エレキギターもピッキングによって音量の大小をコントロールできますが、ドラムほど幅広くダイナミクスを効かせるには、ボリューム・ペダルやブースターといった周辺機器が必要になってくるでしょう。

出音(出力された音)との距離」も違います。ドラムは叩いた音をダイレクトに感じられるため、出音との距離が極めて近くなります。いっぽう、エレキギターは弦の振動をピックアップで拾い、シールドを伝ってエフェクターに入力し、エフェクトをかけ、またシールドを伝ってアンプに入力し、増幅し、マイクで拾い、PAに入力し、ようやくモニターに出力されます。これを自分の手のように、声のように馴染ませるには相当な訓練が必要になるでしょう。

どちらもエレキギターとドラムの違いと言うよりは、電子楽器と生楽器の違いかもしれません。逆に、エレキギターとドラムの共通点は「誤魔化しが利く楽器である」ということかもしれません。エレキギターはコードもメロディも弾きますし、ミスが許されない楽器だと思っていました。実際は、押さえるべきポイントさえ押さえていればミスが目立たない楽器というか、フォローしやすい楽器です。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA