インテリアとしての楽器

Pocket

いつだったか、男性向けのファッション雑誌でインテリア特集を読んだことがある。全体的な感想としては「余計なもの(特に観葉植物)が多い」の一言に尽きるのだけれど、その中で、マーティンのアコースティック・ギター(以下、アコギ)を飾っている人に目が留まった。「シックな木目が室内の雰囲気に合う」みたいなことは書いてあったけれど、音楽的な内容は一切書かれていなかった。コーナンで売っている角材じゃ駄目だったのだろうか。

その後も何度かインテリア特集を読んだけれど、インテリアに用いられるのはギターだけで、すべからくアコギだった。アコギが人気と言うより、安価で真似しやすいのが原因だろう。エレキ・ギターも安価だけれど、アコギと違ってアンプやシールドなどのオプションが必要になり、景観を損ないやすい。バイオリンやトランペットだとボディが小さい分、主張が足りないわけだ。

アップライトピアノを飾っているホテルや喫茶店もある。鍵盤に溜まったほこりを見る限り、ろくに調律もしていないのだろう。最近行った観光案内所には、その土地出身の有名人らしき人物の電子オルガンが展示されてあった。櫻井の知らない人物であったし、櫻井の他に興味を示している者はいなかった。

道具の使い方は人それぞれである。収集が趣味の人もいるし、ビジネスのためにわかりやすいアイテムが必要な人もいるだろう。ただ、インテリアにすれば楽器としては死んだも同然である。動物の剥製のようなものだ。わざわざ本物を使わなくてもいいのでは、というのが正直な感想である。

仮に櫻井が有名になって「ティモ・ミュージアム」みたいなのが建ったとしたら、ショーケースにはコーナンの角材を飾ってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA