アフィリエイト

Pocket

いわゆる「ブロガー」や「YouTuber」の台頭によって広く知れ渡ったビジネス・スタイルで、広告収入の一種。自身のホームページやブログ、動画などに宣伝広告を貼り付け、閲覧者が広告をクリックしたり、リンク先で買い物をしたりすると収益が発生する。新聞やテレビのCMと違い、広告を載せるだけでは収益は発生しないが、閲覧者数から収益の概算を割り出すことはできるようだ。

たとえば、YouTubeの動画は再生回数1回に対し、0.05円から0.1円の収益が発生すると言われている。つまり、再生回数が1万で500〜1,000円の収益が見込めるわけだ。月に20万稼ぐためには再生回数が200万〜400万回ほど必要になる。敷居が高そうに思えるが、再生回数10回の動画でも20万〜40万本あれば達成できるため、いかに多く動画を投稿できるかが勝負になるだろう。

ホームページやブログも閲覧数から収益を割り出せるようで、「櫻井ティモの侍タイムズ」は年間で3,000円ほどの収益になるらしい。広告の設置方法にもよると思うけれど、本当にそんな結果が出るのか気になったので、ホームページの更新をきっかけにいくつか設置している。面白い結果になれば良いが、おそらく30円にも満たないのでは、と予想している。

アフィリエイトの最大の欠点は、「広告」という極めて前時代的なシステムを収益に利用していることにある。インターネット・ブラウザには広告を表示させない「アドブロック」があるし、アフィリエイトではないがテレビの録画からCMを自動的に検知しカットする機能のついたレコーダーもある。こういった機能が一般化されていることからわかるように、広告とは消費者にとって邪魔にしかならない。悪意ある言い方をすれば、ゴミ同然なのだ。

ホームページに広告を載せるのは、自分の顔に泥を塗る行為に等しい。また、自分の楽曲を動画にして広告付きで投稿するのは、太陽の塔にスポンサー名を彫り込むようなものである。商売なので仕方がないとはいえ、下品な行ないであることは自覚すべきだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA