やろうとしてもできないこと

Pocket

先月『1度でいいからやってみたいこと』を100個挙げたけれど、この「やろうとしてもできないこと」というのは、ある条件を除けば、そういくつも挙げることはできない、と櫻井は思う。言い換えれば、「ある条件さえ満たしていれば不可能はほとんどない」ということ。たとえば、櫻井が「歌って踊れる女性アイドルになりたい」と言ったする。一番の難関は性別だけれど、今の技術ならやってやれないことはないので、できないことには含まれない。しかし、「AKB48に入りたい」や「モーニング娘。に入りたい」となると、前述のある条件を満たせないため、できないことに含まれる。そう、ある条件とはずばり、「時間制限」である。

AKB48やモーニング娘。に入るにはオーディションが必要で、いずれも「10代後半~20代前半の独身女性」に限られる。性別の問題はどうにかなっても、時間を戻すことはできない。要するに、「遅すぎる」わけだ。他にも60、70代で「メジャーリーグで現役の野球選手として活躍したい」というのは、体力的に「遅すぎる」といえる。「結婚して妻と子どもがいるけれど、仕事をやめて大学へ進学したい」という場合、家族の同意が得られなければ、やはりこれも「遅すぎる」といえるだろう。ただ、櫻井の周りに「結婚・出産後に退職し、大学へ進学した」という夫婦が複数組いるので、必ずしも「できないこと」というわけでないと思う。

「できないこと」の理由になる時間制限は、「遅すぎる」よりも「早すぎる」の方が圧倒的な割合を占めている。「ぼく三さいだけど、環八をロードースターで爆走したい」というのは、たとい速度制限を守ったとしても運転免許を取得できないのでアウト。どれだけ素晴らしい歌声とダンスの才能と美貌を持っている10代女性だとしても、「今日中にAKB48のセンターになりたい」というのは、もう何か色々とすっ飛ばし過ぎている。もう少し現実的な例だと、ものすごい音痴なのに「自分の才能を信じて歌手デビューする」と、ひたすら音楽事務所に音源を送るのも「早すぎる」といえる。まずはレッスンを受けるなどして音痴を克服すべきだろう。

この「早すぎる」という自覚を持つのは非常に重要なことで、これがないと必ずと言っていいほど「責任転嫁」が起きる。「私の才能を認めない事務所が悪い」だとか「あんな歌手がデビューしているのに私がデビューしないのはおかしい」といった感じに、本来問題にすべき点をうやむやにしてしまう。「プロのミュージシャンになりたい」と学校に入ったものの、ろくに授業も受けず、「上手くならないのは教え方が悪い」と学校のせいする人が国内外問わず本当に多いけれど、その人は「自分の才能を信じて歌手デビューする」とほとんど同レベルと言っていい。

このように、時間制限を「いつ」にするかによって、本来であれば実現可能な目標でも、できないことになってしまう。「いつ」を見失っていると目標を達成できないばかりか、いわゆる「目標を持つのが目標」という状態に陥る。それが悪いとまでは言わないけれど、正直滑稽ではある。それだったら「いついつまでに目標を達成する」と決め、それに向かって善処し、期限がきて「やるだけやった! 諦める!」という人の方がよっぽど潔い、と櫻井は思う。いつやるのか? という問いは安易に答えちゃいけない。それを決めた瞬間、時限爆弾みたいにカウントダウンが始まるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA