もしもバンド活動を続けていたとしたら

Pocket

櫻井がバンド活動をしていたのは、高校時代の3年間と高校卒業後の3年間、計6年間である。「このメンバーとならプロとしてやっていける」と信じていたが、結局「自分には向いていない」と諦めてしまった夢だ(参考『バンドが解散する理由』)。櫻井の音楽観に多大な影響をもたらした音楽活動だったのだけれど、もしも今なおバンド活動を続けていたとしたら、どうなっていただろう。

まず、「プロとして成功した場合」と「プロになれなかった場合」の2つが想定できるが、前述した通り、櫻井はバンド・ビジネスに向いていなかった。よしんばプロとしてデビューしても、長くは保たなかっただろう。よって、高校を卒業してから12年間、働きながらバンド活動を続けていたと思う。

最も大きな変化は、住まいだ。関西へ来たのは音楽講師になる勉強のためだったわけで、バンド活動を続けている限り引っ越すことはなかっただろう。もちろん、留学もしなかった。その分、貯金が増えたかと言えば、そうとも言えない。バンド活動の出費が大きいし、今は当時の倍近く稼いでいる。結婚してから貯金は気にしていない(妻に管理してもらっている)ので、いくら貯まっているか知らないけれど、たぶん、当時の貯金額はもう超えていると思う。

楽譜も読めないし、ジャズも叩けなかっただろう。ボーカリストがジャズっぽい曲を作ってきたらジャズっぽいドラムを叩いたかもしれないが、ジャズっぽいどまりになったと思う。「誰かに教えを乞う暇があったらバンド活動したい、あるいは、活動資金を稼ぎたい」と考えていたのではないか。

唯一優れている点があるとすれば、バンド活動のために人脈を広げる努力をしていただろうから、今より人付き合いは良くなっていたと思う。友人の数も多かっただろう。有名になって、周りからちやほやされていた可能性も0ではない。でも、どれも櫻井が望んでいることではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA