なるべく汗をかきたくない

Pocket

ドラムは両手と両足を使う楽器ですので、疲れやすい楽器と思われがちです。実際は指先、手首、足首といった関節部分をわずかに動かしているだけなので、スポーツ選手のような運動量には至りません。多くの場合、ドラマーが汗をかく原因は「長時間の演奏」あるいは「空調」にあります。個人差はありますが、1時間ほどの演奏で玉のように汗をかく人は、あがり症であるか、無駄な力が入っている恐れがあります。

○汗をかかなくなったきっかけ

櫻井は運動神経が鈍く、たいていのことに無駄な力が入りがちです。ドラムを始めたころも例外ではなく、指に豆ができたり、腰や背中を痛めたりしていて、30分のステージを汗だくになって演奏していました。汗をかかなくなったのは、専門学校に入学し、長時間練習をするようになってからのように思えます。練習で汗をかいた分、本番ではかかなくなったわけです。

○汗の原因

とある有名なドラマーは「集中して演奏すると、じっとしていても汗が吹き出してくる」とおっしゃっていました。櫻井の場合は逆で、思考にノイズが入っている時、つまり、集中できていない時ほど汗をかく傾向にあります。無駄な動きが汗を生むように、余計な思考は脱力を阻害してしまうのです。思考がクリアになればなるほど、汗は引いていきます。そういう意味でも、櫻井は演奏中、なるべく汗をかきたくないわけです。

【ティモ・ドラム・レッスン】
大阪 堺 なかもずの音楽教室
金曜日 土曜日 開講

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA