「ボーカロイドの父」、剣持秀紀氏のセミナー

Pocket

専門学校へ通っていたころ、ヤマハ社の音声合成技術「ボーカロイド」の開発者で、「ボーカロイドの父」と呼ばれる剣持秀紀氏(けんもち ひでき。以下、剣持氏)がセミナーしに来たことがあります。ボーカロイドと言えば、ここ10年足らずで音楽の歴史を変え、「ボカロ」という新しいジャンルまで開拓した先端技術です。「初音ミク」を始めとする、ボーカロイドを使ったキャラクターが、アイドル顔負けの人気を誇っていることは周知の事実でしょう。

その開発者が来校するというだけでも話題になりますが、さらに注目を集める要因となったのが「セミナー参加者全員にオリジナル・ボーカロイドTシャツをプレゼント」という特典でした。生徒は無料で参加できますし、外部の人も1,000円の参加費で人気のボーカロイド・グッズが手に入れられるのですから、こんなにおいしい話はありません。結果、いつもなら校内のホールで開かれるセミナーが、参加者過多のため区民ホールに会場を移すほどの大盛況となりました。

櫻井も興味はあった(無料で服が欲しかった)のですが、あいにくセミナーの時間が夕刊配達と被っていた(櫻井は新聞奨学生だった)ため、参加できませんでした。「せめて服が欲しい」と学校側に嘆願したところ、「余ったらあげる」という約束を取り付けることに成功しました。望みは薄かったのですが、夕刊配達後に学校へ駆けつけた結果、櫻井は見事にオリジナル・ボーカロイドTシャツを獲得したのです。それが、こちら。

知らない人のために一応説明しておきますと、この金ラメは初音ミクの顔ではなく、剣持氏の顔です。大阪のおばちゃんを思わせるどぎついカラーリングです。

どうしてこんな悪趣味、じゃなかった、いや、悪趣味で合ってるか、なTシャツを配布することになったのでしょうか。素直に初音ミクのTシャツを作れば良かったのですが、これにはちょっとしたわけがあります。たしかに「ボーカロイド」は剣持氏が中心となって開発されたヤマハ社の技術ですが、「初音ミク」はボーカロイドを使用した別会社(クリプトン社)の製品であり、ヤマハ社に使用権はないのです。よって、初音ミクがプリントされたTシャツを作って配ることは、断じて許されなかったわけです。

参加者は多かったのですが、Tシャツは10着以上余っていました。櫻井は爆笑しながら4着もらい、うち3着は学校のバスドラムに入れてミュートにしました。ボーカロイドの父なだけあって、良い音で鳴ってくれたのは言うまでもありません。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA